トップページ > 新着情報 > 押し売りならぬ押し買い被害(岡山のごみ収集ブログ)

押し売りならぬ押し買い被害(岡山のごみ収集ブログ)


皆さんこんにちは、岡山でごみの収集をしております
ミクロなごみからマクロなごみまで(株)ミックマックです。

みなさんは、こんな言葉をご存知でしょうか?

『押し買い』

ちなみに今までよくあったのは「押し売り」の方ですね。押し売りが何かというと、強引なセールスの事。つまり、いらないと言っているのに無理やり買わせるということですね。

悪徳商法です。

これに対して、最近流行しているのが、「押し買い」です。

これは、先ほどの押し売りの逆で、

売らないと言っているのに、強引に売ってくれ!と言い、買わせるというものです。

こんなことってあるの?と思った方も多いのではないでしょうか。

これが最近増えているということなんです。

どういう流れで押し買いになるのかというと、それは、「出張買取」です。

出張買取が何か?というと、業者が直接自宅に買取査定に来るという営業形態です。

本来なら、不必要なものを自分がもっていかなくても業者が来てくれるので便利なはずです。そして、もちろん、出張買取業者でもほとんどの方は善良な業者だと思うんです。

ただ、一部の悪徳業者は、出張買取の際にしつこく『売ってくれ!』と加入してくるそうです。

なにを売ってくれと言ってくるのか?

それは「貴金属や、ブランド品など」です。

つまりこういうことなんです。

最初、僕がテレビの買取をお願いしたとしましょう。

すると、悪徳買取業者は、僕の自宅にテレビの査定をしにきます。

そして、その際「他に売るものはないか?」と聞いてきます。

僕はテレビしか売る予定はなかったので「ないです」と言います。

しかし、しつこく「売るものはないか?例えばアクセサリーやバック」と聞いてくるそうです。

例えあっても、売るつもりはないですよね。

しかし、「見せるだけでもいいから見せてくれ!」と食い下がるそうです。

そして、あまりにもしつこいから見せたら最後、あれこれ理由をつけてそれを売ってくれと迫るそうです。

仮にそれを売ることになっても、すごく安い値段で売るように勧誘してくるとのこと。

そして挙句の果てに、本当に買い取ってほしかったテレビは買い取らず、

金品だけしか持って帰ってくれない

極悪出張買取業者も出没しているとのこと。

全部の業者がそうではないと思いますが、

みなさんも、出張買取業者の甘い罠には気を付けてください!

お問い合わせ
 
お客様の声