トップページ > 新着情報 > 世界基準!ウチの収集は世界でもトップクラスだ!(岡山のごみ収集ブログ)

世界基準!ウチの収集は世界でもトップクラスだ!(岡山のごみ収集ブログ)

皆さんこんにちは、岡山でごみの収集をしております
ミクロなごみからマクロなごみまで(株)ミックマックです。

最近こんな動画を見ました。

%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%94%E3%81%BF%E5%8F%8E%E9%9B%86.png

https://youtu.be/eQe_hPd73Fs

この動画はニューヨークのごみ収集の様子です。それで、これを見て思ったんですね。

『あれ、勝ってんじゃね?』

普段、なかなか他の会社の収集の様子をまじまじと観る機会ってなかなかないです~。ですが、この動画は、日本を飛び越えて、海外の収集風景をたっぷりと観ることができます。

ちなみに以前、『世界の車掃から』というブログタイトルで、外国のパッカー車の動画を紹介させていただきました。


世界の車掃から inアメリカ編(岡山のごみ収集ブログ)


世界の車掃からinサンディエゴ編(岡山のごみ収集ブログ)


それで、今回は収集の様子をみて、ミックマックならびに岡山美装の収集は世界にもひけをとらない、、、いや、、、

世界トップクラスだぁぁぁぁぁぁ!

と確信したのです。

☆世界トップクラスポイント① 『収集作業』 ☆

まず、この収集作業を観たときにこう思ったんです。

『なんか、だらだらしている。』

ミックマック&岡山美装なら、この1.5倍、、、いや、、、1.7倍は速い!と思うのです。

もちろん、ただ早いだけではなく、キビキビしているという感じです。

なぜキビキビしているのか?というと、一つは、ウチの会社の伝統だと思います。伝統というと、重い感じがしますが、言い換えると『社風』と言ってもいいかもしれません。

僕たちは普通にしていることでも、比べてみると、他にはない会社独自のものだっりする。

それが会社にとっての『強み』というものかもしれませんね。


☆世界トップクラスポイント② 『サービス精神』 ☆

サービスって何でしょうか。ウチの会社の場合、サービスを一言で言うと『収集以外の仕事への姿勢』ということになるでしょうか。どういうことかというと、例えば、ミックマックのグループ会社で岡山美装の場合。仕事としては各地域のステーションを回り、一般家庭からのごみを回収する仕事をしています。ですが、ただ、ごみを収集して帰ればいいというのではありません。

ステーションはごみが散らかっていないか?ということを、ステーションを回るごとに確認し、散らかっていたら掃除をする。ということだと思います。

ステーションの掃除というのは、本来は地域のステーション当番の方の仕事となります。ですから、もしも、ステーションが汚れていてそのまま帰ってもかまわないということです。実際にそういう会社もあるかもしれません。ですが、岡山美装では、各パッカー車に「ほうき」と「ちりとり」を積んでおり、ステーションにごみが落ちてしまっている場合などは、そっせんして掃除して帰るようにしています。

それは、市民住民の皆様の負担を少しでも減らしたい。また、地域社会の美化に少しでも貢献したいという精神のもとに行っています。

この、ニューヨークのごみ収集の様子を見るかぎりサービス精神というのは低いのかもしれませんね。


☆世界トップクラスポイント③『パッカー車の誘導』☆

アメリカはニューヨーク。さすが、世界の大都市というだけあって、パッカー車も大きいですね。何トン車なのでしょうか?

それで、気になったが『誘導の仕方』です。

アメリカも収集は2人体制のようです。ということは、運転手が車をバックさせるときに助手は、後方を観て誘導しなければなりません。

パッカー車をバックするときに、誘導はすごく大切です。なぜならば、運転席から後ろが見えないからです。ましてや、これほど大きな車をバックさせるわけですから、誘導の際には

1,運転手に見えるように大きなアクションで誘導

2,運転手に聞こえるように大きな声で誘導

3,周りに市民の方がいないか?危険なモノはないか?確認

こういうことをしっかりと行わなければなりません。しかし、この誘導員は、これらの誘導があまりできていないように思います。

『誘導をしっかりする』ということは、安全に収集するというのはもちろんのこと、それをみている周りの方に安心感を持ってもらえることになると思います。

大きなパッカー車が、町中を収集して回ります。市民の方にはご迷惑をおかけしながら収集をしているわけですが、安心安全にごみを回収して回るということは、とても大切なことだと感じています。


☆まとめ☆

今回、ニューヨークの収集風景をはじめてみました。とてもおもしろく観ることができました。みなさんはいかがでしたか?

僕は改めて、

『ウチの収集はニューヨークに勝っている!』

そう確信しました。

ただ、もしも、屈強なニューヨークの収集員の本人を目の前にしたら、

『ウチの収集はニューヨークに勝っている!』

とは言えずに、こんな風に言うでしょう。

『Hey, you have a wonderful job! I will even treat you with hamburgers next time!』

(やあ、すばらしい仕事をしているね!今度ハンバーガーでもごちそうするよ!)


そうです、日本人は奥ゆかしいのです(笑)


%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%BC%AB%E7%94%BB.png

みなさん、ごみのことでお困りなら

世界でもトップクラスの収集サービスが自慢の

ミックマックへお任せくださいませ~♪

お問い合わせ
 
お客様の声