トップページ > 新着情報 > 世界の車掃からinドイツ編(岡山のごみ収集ブログ)

世界の車掃からinドイツ編(岡山のごみ収集ブログ)


世界の車掃から。

今日はドイツのごみ収集車をみてみましょう。

僕の中でドイツと言えば、ビールです。

僕はビールが好きなのですが、おかげさまで、尿酸値が高く、困っています。
そういえば、ドイツの方は、痛風にはかからないのでしょうか?

さて、これまで、アメリカの豪快なごみ収集車の動画をご紹介してきました。

今日は、ドイツのごみ収集車です。

こちらがドイツのごみ収集車です。

まず目を引くのが、タンクローリーのようにローリングしていますね。

日本のパッカー車はたいていが、押し込み版というものが付いており、それでごみを押し込んでいくスタイルです。

動画だけではわからないですが、ドイツではこのローリングシステムでごみを奥に詰め込んでいくスタイルなのでしょうか?

次に、海外ではおなじみですが、日本のように「ごみ袋」でごみを出すのではなく、ポリバケツ?のようなものでごみを出しています。

そして、パッカー車にはアームが付いており、そのアームがポリバケツをつかみリフトアップしてごみを回収します。

日本以外の国、とくにヨーロッパやアメリカではこのスタイルが主流のようですが、何か理由があるんですかね。

国によって言葉が違うように、ごみ回収の方法も様々でおもしろいと思いました。

お問い合わせ
 
お客様の声