トップページ > 新着情報 > 幸せをつくるセロトニンの増やし方(岡山のごみ収集ブログ)

幸せをつくるセロトニンの増やし方(岡山のごみ収集ブログ)

皆さんこんにちは、岡山でごみの収集をしております
ミクロなごみからマクロなごみまでミックマックです。


先日、こんな本を買いました。


517ior1%2BC-L__SX332_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg

「セロトニン脳」
 健康法 呼吸、日光、タッピングタッチの驚くべき効果

という本です。

なぜ、この本を買ったのかというと、とある方のブログで紹介されており、「おっ、この本おもしろそうだな!」と思っていたからです。

なんでも、セロトニンというものが、人間の幸せに欠かすことができない物質らしいのです。


セロトニンとは?

セロトニンDojoというHPより引用します。

メンタルヘルスケアに関心のある方なら一度はその名を聞いたことがあるであろうセロトニン。 心を癒し、安定感や平常心をもたらす脳内物質です。
現代は、セロトニン不足をおこしやすい社会です。不況や情報過多によるストレスはもちろん、その背景には生活習慣の変化があります。
夜型生活、運動不足、スキンシップの欠如など以前までは当たり前に日常の中にあったはずの生活習慣が現代にはありません。
それは生きていく上で必ずしも必要なものではないのですが、セロトニンが不足することによって知らぬうちに心は不健康になり、安定を失って円滑な社会生活を送れなくなっていくのです。
ですから、今私たちに必要なのは意図してエクササイズを行い、心のケガを予防することなのです。

心を癒し、安定感や平常心をもたらす脳内物質。。。すごいですね!

これは僕が思うことなのですが、現在はすごく“脳が疲れる”時代だと思うんです。それを情報化社会といいますね。情報をキャッチするのは脳です。これだけテレビや、パソコン、スマホなどから情報がとめどなく流れてくる時代だと、脳が疲れると思うんです。

それで、脳をうまく休める方法がないかと思っていたら、この本に出合ったんですね。

セロトニンという脳内物質を出すことで、いろいろいいことがありそうです。


セロトニンを増やすには?

セロトニンは、「リズム運動」と「太陽の光」「スキンシップ」という3つの要素によって活性化されます。

セロトニンDojoより

リズム運動と太陽の光とスキンシップ。これがセロトニンにとっていいようです。今日はこの中で、「スキンシップ」のカテゴリーに入るもので、“タッピングタッチ”をご紹介します。


タッピングタッチ

一般社団法人タッピングタッチ協会HPより

タッピングタッチとは、ゆっくり、やさしく、ていねいに、左右交互にタッチすることを基本とした、ホリスティック(統合的な)ケアの方法です。
 シンプルでありながら、ケアし合うことで心身ともに健康であろうとする内なる力に働きかけます。そして本来の明るさや優しさをとりもどし、ケアし合うことの楽しさや大切さを気づかせてくれます。不安、緊張、痛み、ストレス反応などを和らげ、よりよいコミュニケーションと関係性の改善にもつながります。

このタッピングタッチがセロトニンの分泌を促すようです。

やり方はこちら。(別ページに移動)


まとめ

今回はセロトニンという幸せ促進物質を出すために、タッピングタッチという方法をご紹介しました。

しかし、セロトニンは他の運動や呼吸法などによっても出すことが可能のようです。

本の中でもいくつか紹介されていますし、ネットでのたくさん紹介されています。

超ストレス社会を迎えている日本ですが、セロトニンの力で乗り切っていきたいですね~!


お問い合わせ
 
お客様の声