☆ただ捨てるだけじゃモッタイナイ!
ごみを経営に活かしませんか?☆

いつもお世話になっております。
今日は、ミックマックからオーナー様にご提案があります。
どういうご提案かというと、
ごみの量を把握することで、経営の状態を把握しませんか?
ということです。
『え、ごみの量で何がわかるの?』
とお思いでしょう。
しかし、ごみの量と売り上げを比較することで、
見えてくることがあるんです。
ごみの量と売上には、相関関係が見られます。
オーナー様にはそれを把握していただくことで、
よりよい経営にお役立ていただきたいと思います。
ごみは捨てるだけだとただのごみとなります。
しかし、ごみを分析することで、それはごみではなく貴重な資源となります。
もしご興味がありましたら、このまま読み進めて頂ければ幸いです。

①ごみが減って売り上げが増えているへジャンプ

②ごみが増えて、売上も増えているへジャンプ

③ごみの量が減って、売上は増えているへジャンプ

④ごみの量は増えて、売上は減っているへジャンプ

ごみと売り上げの関係①

ごみが減って売り上げが増えている

%E3%81%94%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8F%E3%81%8C%E6%B8%9B%E3%81%A4%E3%81%A6%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E3%81%8C%E6%B8%9B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.png

上記のグラフをご覧ください
売上の線(オレンジ)が下がると、ごみの線(青色)も減っています。
売上が減ると、ごみの量も減ります。
これは自然な状態と言えます。
通常、売上とごみの量には比例関係があります。
もちろん、例外的な要因もありますが、
売上が減ることに関連して、ごみの量も減るということは初めまして!
ごみの量の観点からいえば、正常と言えます。

☆これを食事と排便の関係で例えると☆

  売り上げ=食事  ごみの排出量=排便

%E9%A3%9F%E6%AC%B2%E4%B8%8D%E6%8C%AF%E4%BE%BF%E7%A7%98.png

< 食欲がなく、食事の量が少ないと当然排便の量も少なくなります。
つまり、売上が少ないと排便の量は自然と少なくなります。
売上が下がるということは好ましい状況ではありませんが
ごみの量との関係でみると正常と言えます。
TOPへ戻る

ごみと売り上げの関係2②

ごみが増えて、売上も増えている

%E3%81%94%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8F%E3%81%AF%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%A6%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%82%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.png

先ほどとは逆のパターンです。
売上が増加して、ごみの量も増えている場合も先ほどと同様に比例関係から
自然な状態と言えます。
これをわかりやすくご説明します。

☆食事と排便の関係で例えると☆

   売り上げ=食事  ごみの排出量=排便
   食事の量が増えるので、当然排便の量も増えることになります。

%E9%A3%9F%E6%AC%B2%E6%97%BA%E7%9B%9B%E5%BF%AB%E4%BE%BF.png

TOPへ戻る

ごみと売り上げの関係③

ごみの量が減って、売上は増えている

%E3%81%94%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8F%E3%81%8C%E6%B8%9B%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AF%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.png

売上は増えて、ごみの量は減っているパターンとなります。
これは、売上とごみの量の関係でいえば、非常に良好な状態と言えます。
売上が上がっているにもかかわらず、排出されるごみの量が少ない。
これは、効率のよい経営ができているということであり、
また、ごみの分別を含むリサイクルもできているという理想的な状態です。

☆これを食事と排便の関係で例えると☆

 売り上げ=食事  ごみの排出量=排便 質の良い食事ができているため、食事から栄養分を効率よく吸収するため、排便の量が少なくなります。非常に健康的な状態ですね。

%E3%81%8A%E9%A3%9F%E4%BA%8B.png

TOPへ戻る

ごみと売り上げの関係④

ごみの量は増えて、売上は減っている

%E3%81%94%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8F%E3%81%AF%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%A6%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AF%E6%B8%9B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.png

売上が減って、ごみの量は増えているパターンとなります。
この状態には少し問題があります。
これまでご説明してきたように、売上と、排出されるごみの量に通常は比例関係があります。
ですので、売上が減っているのに、ごみの量が増えている場合は、何かしらの対策が必要です。

☆これを食事と排便の関係で例えると☆

 売り上げ=食事  ごみの排出量=排便

食欲がなく、食事量が少ないにもかかわらず、排便の量が多い。
この場合は例えば、“間食が多い”などの原因が考えられます。
どちらにしても食生活を改善しなければ、生活習慣病などを引き起こす可能性が高いです。
早めの対策が必要ですね。

%E4%BD%93%E8%AA%BF%E4%B8%8D%E8%89%AF.png

TOPへ戻る

最後までお読み頂き、ありがとうございます!
ごみの量と売り上げの関係は、大きく分けて以上の4パターンに分類できます。
それをふまえ、具体的にミックマックができることは
1、毎月のごみの量を計量し、データとしてお渡しする
2、ごみの量と売り上げに基づく経営のプロフェッショナルによるアドバイス
この2点ができます。
ごみは経営活動をする中で必ず出るものです。
それを分析することで、お役に立てることがあると思っております。
ごみを、ただのごみにしないためにも
一度、ごみから経営状態を確認してみませんか?
ご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ
 
お客様の声